妊娠中や出産は、大事になるような事態もなく、どうにかその日を無事に迎えられました。妊娠から母乳育児終了までの2年近くは、生理のことなどすっかり忘れてましたが…やっぱり戻ってくるんですねー。ないと困るけど。出産後は、だいたい28~29日周期に落ち着き、出血量も以前より少なくなったかな。それでも、決して調子が良かったということはなく、ちょくちょく不正出血があって、婦人科には仕方なく時々足を運び…の繰り返し。

ある時、これはちょっとヤバいかな、みたいな不正出血で自宅近くのFクリニック受診。先生は、早口で何やら説明して薬を出してくれたけれど、全貌をつかめないまま話は次の段階へ。「出産してから3年以上経っているけど、次、考えてないの?前に内膜症の治療したって?今もまだ(内膜症)残っていそうだから急がないと。この薬飲み終わったら、(不妊)治療に入るよ」

出血より不妊治療の話?ひとり生んで安心してたけど、そう言われればいつの間にか歳月が過ぎている…。でも、ちょっとあおりすぎじゃない?内膜症もまだあるって?先生の言葉に焚きつけられて、「また治療するかぁ…」と考える。もう一度治療する覚悟を決めたところで、生理がこない。これってひょっとして!?

2人目は何ともラッキーなことに妊娠を意識した瞬間にやってきたのでした。先生もビックリの陽性判定。授かりものなんだなあとつくづく実感。直前に飲んでいた薬の影響だけはずっと気がかりで、何もなく生まれてきたことに本当にホッとしたものです。

2人目の時も、妊娠から母乳育児終了までの2年近くは、生理はお休みでした。再開した生理は28~29日周期、量も1人目出産後と同じぐらい、出産する前に比べるとずいぶん少なくて楽になった。前は内膜症のせいで多かったのかもしれない。

量が多いとか少ないとかは、誰かと比較できないから、どれくらいが普通なのかよくわからないですね。ある時点と比べて多いか少ないかでしか自分では判断できないし。多くなった(少なくなった)方がいいのか、悪いのか、どうなんだろう。急に量が変わったらおかしいと思うけど、徐々に変化していると気づきにくいものかも。