ずいぶん前から振り返りましたが、、ようやくここで自分のの正体判明!?

UAE前あたりには生理周期は25~26日とまた一段階短くなっていたんだけど、UAE後はさらに短くなって24~25日周期に。これは年齢的なことだから仕方ないのかなあ、とは思っていたけれど、いつものごとく茶褐色のダラダラ出血が早々からやってきて、今回はさらに早まりそうな予感。ますます、出血していない期間が短くなってきた。

吉野内先生に聞いてみました。

基礎体温は高温なのに出血するのは排卵後の卵巣機能が弱いか内膜不安定のいずれかなんだそうです。そして、私はどちらにも当てはまるのではないかとのこと。高温期の終盤に内膜が持ちこたえられずに出血してしまう状態なんだそう。

だから、まだ高温期なのに生理になってしまってというか、内膜が崩落してしまうのか。それから、追っかけ低温期になるような事態が毎月発生しているってことみたい。分かりました。

昔から黄体機能不全とよく言われたけれど、それってずっと変わってなかったってことなのかも。

それを4年前の診察では「」と簡単にやっつけられていたけど、説明するの面倒くさかったんだろうね。

結局、術後8回目の生理は前回から22日でやってきた。ずいぶん早くなっている。これだけ早まると出血のない期間がますます短くなる。ダラダラ出血も別に放置しておいて問題ないようだけど、黄体ホルモンで整えることができるとのこと。

ちょっと落ち着かせたい。そんなわけで、次回からは黄体ホルモン剤を服用することに決めた。