子宮筋腫って切らなくてもいいんだ~子宮動脈塞栓術(UAE)体験記

2013年2月多発性子宮筋腫のため子宮動脈塞栓術(UAE)を受けました。
筋腫と診断されてから手術を経て現在に至るまでの私の体験記録です。
当時の日記やメモ、記憶を頼りに1年たった今ようやくブログにすることができました。
自宅から遠く離れた病院だったのでお出かけ気分も満載!?

2013年12月

☆トップページからは新しい投稿順に表示しています。最近は話が脱線ばかりですみません☆
☆カテゴリーの記事は古い順に表示しています。経過をたどりたい方はカテゴリー順にご覧ください☆

入院時の持ち物

スーツケースが届き入院3日前にようやく本格的な荷造り開始。病院からの入院案内に載っている『入院時の持ち物』は用意していったけれど、用意して良かったもの、あった方が良かったもの、どっちでも良かったものなど入院後の感想を交えて書いてみようと思います。

入院時の持ち物

1.洗面用具 歯ブラシ、歯磨き粉、洗顔料。

シャンプー、リンス、ボディーソープはシャワールームにあります。フェイスタオル、バスタオルも貸してもらえますし、ドライヤーも用意されています。

2.スリッパなどの上履き 重くてかさばるけれどスリッパはかかとがパカパカするので歩きにくいかなと思ってクロックスにしたが、冬だったので裸足ではいたら冷たかった…

3.湯飲み ストロー穴のついた蓋付きのマグカップ(プラスチック製?)持参。うがいの時、薬を飲む時などに使用。「ストロー付きが便利」と書いてあったけれど水分を取る時はペットボトルに直接つけるタイプのストローキャップを使用したのでマグカップは普通のもので十分。ストローも持って行ったが使わなかった。

4.パジャマ・下着類などの着替え 入院中に誰かが補充してくれたり洗濯に持って帰ってくれたりする予定がなかったので何かあった時のため気持ち多めに用意。病院の洗濯機も使えるけれど自分で洗濯できるとも思わなかったし、最初からその気もなかったし。
パジャマは3着持って行って実際は2着使用。術後は多分熱が出るので、材質は熱がこもらないものがいいかな。真冬でもフリースなどはやめた方がいいと思います。寒かったらたくさんはおればいいし、電気毛布も用意されているのでなんとかなります。

5.生理用品・ウェットテッシュ 
生理用品は術後の出血のため使用。最初のうち横になっている時間が長いのでナプキンは大きめのものがあった方がいいかも。でも、自分でトイレに行けるようになれば普通のもので大丈夫。

ウェットティッシュは自分でトイレに行けない間おしもを拭くときに使ってくれるんだけど、そんなにたくさんは必要ないので赤ちゃんのおしりふき(お出かけ用の小さいパック程度)ぐらいのものがあればいいと思う。アルコールを配合しているタイプはスースーするんじゃないかと…。最近ならお出かけ用おしりセレブとか大人用のもあるのでそういうのを用意してもいいかも。100円ショップにも売ってますね。

6.その他身の回りの品 これは人それぞれでしょうか…。私が持っていった物はこんな感じ。
・ペンや付せんなど文具類
・いつも書いている日記帳
・iPod(長女がいっぱいいろんな曲を入れてくれた。TDRのパークミュージックなどなど。もちろん関ジャニ∞も)
・文庫本・雑誌類(JR移動中のお供。入院中は時間があるかと思ったらそうでもなくて意外と読む時間なし。)
・スマホ+充電器等(病院内での携帯電話の利用OK。PCの持ち込みも大丈夫。)
・リップクリーム(病室が乾燥しているかなーと思って)、
・化粧品類(退院の時は使うよね)

そのほかに、持って行った方がいいものは冬だったらモコモコのあったかソックス。手術当日はほぼ裸の状態に術衣を着ることになるけれど靴下だけはどれだけはいてもOK。とにかく寒いので暖かいソックスは必須。

貴重品等を入れる小ぶりのバッグ。財布やスマホ、ペットボトル、ハンカチなどを入れて回復室へ持ち込むため、あると便利。

7.内服薬、常備薬 貧血の薬(フェロミア)持参

8.水分補給用のペットボトル、ゼリー飲料等 ペットボトルは重いので現地で調達しようと思っていたけれど何本もお水をいただいたので重いけれどカバンに詰めていくことにした。ゼリー飲料は食欲がないときに便利と聞いていたのでいくつか持って行ったが食事が取れたので飲む機会はなかった。

旅のお供のスーツケース

長年旅行の際に使ってきたカバンが年季が入ってだいぶ傷みも目立ってきた。入院に持って行くのはこのカバンでいいや、と思っていたのに「ふたの内側破れてきてる~」と漏らしたら「じゃあ、カバン買いに行こう」ってことに。

入院直前の日曜日、急に旅行カバンを求めてお店を巡る。一番近くのショッピングセンターを飛ばして遠くの店へ。あっちやらこっちやら走り回って結局最初に飛ばした近くのショッピングセンターで候補カバンを見つける。

二女イチ押しのショッキングピンクに黒のドットのスーツケース。ドットはところどころミッキーかミニーになっている。かわいいけど私が使うにはちょっと派手かな?

お店においてあるのは見本みたいになっているので、普通はメーカーから自宅へ直送してもらうんだって。すぐ欲しいのならそれを承知の上で目の前の現物も売ってくれるようだけど。

疲れたので店員さんにとりあえず取り置きをお願いして一旦帰宅。間に合うようならネットショッピングでもいいかなと思って調べたら、他にも柄違い、色違いのあるシリーズものだった。ショッキングピンクのスーツケースはやっぱりパスしよう。

さっきのお店に戻ったらすでにショッキングピンクのスーツケースの在庫確認してくれていた…すみません、違うデザインのにしようと思うんですけど…

応対してくれた店員さん、急ぎで必要なことを察知して「メーカーさんも休みなのですぐ連絡着くかわからないんですけど。」と前置きしつつ、店員さん→店長さん→メーカーの担当者さん→店長さん→店員さんとつながって在庫ありの連絡が。素晴らしい中継プレーです。そして何が何でも火曜日の夜までに自宅に届くように発注掛けておくからね、と。ありがとうございます。

そして届いたのがこのスーツケース。ハードタイプのスーツケースは持ち慣れてないので気恥ずかしいです。
スーツケース

入院まであと1週間

2月1日、長女が私立高校入試のまっただ中、母(=私)は自分のことで頭がいっぱい。受験生のこと考える余裕なし。とりあえずお弁当を作って送り出しただけ。あとは自分でよろしく~。

この日銀行でUAEセンターの入院費を振り込んできた。いよいよ迫ってきたね。入院まであと1週間。


入院時に提出する書類もそろそろ書いてしまわないとね。

「同意書」や「入院証書」はすぐに書けるんだけど主訴や入院までの経過を記入する用紙を目の前に何からどう書いていいものかと悩む。ペンが進まないよー。ない頭をしぼってどうにかこうにか記載終了。

ホッとした。

手術仲間

1月末、実母からお見舞いが送られてきた。

一緒に添えられていた手紙には姪っ子が手術を受けることも書いてあった。2月8日から入院するという。私の入院と同じ日。知らなかった。弟夫婦からは何も聞いてなかったから。

そういう私も年末に実母や弟の家族と顔を合わせた時には話を切り出せず、年明けに実母だけに連絡したんだった…。実母がそのまま黙っていられるわけはなく弟夫婦の知るところになっていたんだけどね。

ビックリしたけれど偶然にも同じ時期に手術を受けるなんて、彼女が急に一緒に闘う仲間に思えてきた。勇気が湧いてきたよ。

「いっしょにがんばろうね」

6歳の姪っ子とエールの交換。びびっているのは私の方なんだけど…。

生保手続きのつづき(その2)

後回しにしたD生命にも12月中には入院手術の連絡は入れてあったのにその後全然連絡がない。書類持ってくるって言っていたはずなんだけどなあー。後回しにされた?

さすがに1月も終わろうとしているのに何の連絡もないから心配になってきた。すみませーん、忘れてませんか-?忘れられていたら困るのでもう一回電話してみよう。

電話した翌日ようやく書類を持ってきてくれた。電話しなかったら入院する日に持ってくることになっていたらしい。あぶなかった。

給付金手続きの説明を聞いていたら保険点数の入った領収書がいるって。あれ、保険適用じゃないって前にも話したはずだし、調べてくれたんじゃなかったの?12月に話した時に担当のおばちゃん「大丈夫、大丈夫。入院給付金も出るって。」ってあんまりにもお気楽な返事してたけどそのまま1か月ホントに後回しされたかな。

わからんなりにも約款を読んだところ私の入っている保険では健康保険適用の手術しか給付金が出ないはずだし、今回の手術では保険点数の入る領収書は出ないと思いますよ…。

結局そのまた翌日に「保険適用外の手術は入院給付金の対象にならない」って返事がきた。残念だけど、やっぱりなーってところか。

保険のおばちゃん、しっかりして!
ギャラリー
  • 番外編 瀬戸内島旅(1日目)
  • 番外編 瀬戸内島旅(1日目)
  • 番外編 瀬戸内島旅(1日目)
  • 番外編 瀬戸内島旅(1日目)
  • 番外編 瀬戸内島旅(準備編)
  • いざ、人間ドックへ
  • あとは家に帰るだけ?
  • あとは家に帰るだけ?
  • ばいばい、おかやま
プロフィール

はおん

ディズニーと手作りが大好きなヒツジさん。
事務系のお仕事してます。

2012年10月子宮筋腫発覚
2013年2月子宮動脈塞栓術(UAE)を受ける。
UAEを受けた時、45歳。

ヒツジさんの夫、ウシさん・ヘビさんの娘2人と
石川県中央部で生息中。

最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索