子宮筋腫って切らなくてもいいんだ~子宮動脈塞栓術(UAE)体験記

2013年2月多発性子宮筋腫のため子宮動脈塞栓術(UAE)を受けました。
筋腫と診断されてから手術を経て現在に至るまでの私の体験記録です。
当時の日記やメモ、記憶を頼りに1年たった今ようやくブログにすることができました。
自宅から遠く離れた病院だったのでお出かけ気分も満載!?

2014年06月

☆トップページからは新しい投稿順に表示しています。最近は話が脱線ばかりですみません☆
☆カテゴリーの記事は古い順に表示しています。経過をたどりたい方はカテゴリー順にご覧ください☆

夫への説明&UAEのおさらい

なんで自分がここに呼ばれた???みたいな顔で夫が診察室へやってきた。そんな顔してないで、先生の説明を聞けばよーく分かるから、とにかくここに座って座って。

田頭先生は、まず11月に撮ったMRIの画像を見ながら私が初めて診察に訪れた時と同じように丁寧に詳しく病状を説明し、それからUAEの時にX線撮影した画像を見ながら私がどういう手術を受けたのか話してくれた。

血管撮影画像(全体)

UAE時の血管造影画像(この写真は1か月後の検診の際にもらいました)

①塞栓前:外側に逆V時に写っているのが大動脈。その内側左右1本ずつあるのが子宮動脈。わかりにくいけれどすでに右側大動脈からカテーテルが通っています。

②左側子宮動脈塞栓:黒く映っているのが子宮動脈。筋腫たち、この血管から栄養を得てすくすく育っていったのね。この黒く映った血管が見えなくなるまでゼラチンスポンジが詰められました。

③右側子宮動脈塞栓:右側は大動脈から子宮動脈に入るところでカテーテルが鋭角に曲がっているのがわかりますか?こちら側も黒く映った血管が見えなくなるまで先生曰く「きっちりと」ゼラチンスポンジが詰められました。

④塞栓後:塞栓前見えていた子宮動脈から子宮へ入り込む血管が見えなくなる=塞栓されています。

手術中、先生の説明を受けながら一緒にモニターを見ていたハズなんだけど…この中に骨盤が写っていないことには全然気がつかんかった~。骨盤は画像処理されて消されているんだって。普通に考えれば当然骨盤も写ってるよね。あの画像は見たいところだけが映し出されていたのかー。

手術の当日はかなり緊張していたし麻酔の影響もあったかもで、手術中に聞いたはずだけど記憶があいまいなところも…。なので、夫への説明を聞きながら、私自身も改めて話を聞けてすごくラッキーです☆

子宮動脈にはきっちりとゼラチンスポンジをつめたということ。今の時点で筋腫は壊死してしまっているが、子宮では細かい血管の血流はすでに再開、血流が再開したからといって壊死した筋腫が元の状態に戻ることはないし、仮に壊死しきらなかったものが残っていたとしても筋腫の大きさからみて今後症状が出るようなことはないということ。また再発したとしてもこれも年齢的に影響はないだろうということ。大体、こんな話だった。

そして、1か月後の診察は筋腫が壊死しているかどうかを確認するために必ず受けることと、その結果を受けてその後の診察予定を決めることになる、とのことだった。うまくいったかどうかは1か月後の診察でわかるってことで…。本当は田頭先生の診察予定はなっかたのに急遽説明していただき感謝してます。

説明の途中で2階からTさんが下りてきて「これで帰る」という話し声が聞こえた。ヤバい。Tさん、ずっと先生を待っていたのに。このまま帰すわけにはいきませんよ。慌てて「『田頭先生にあいさつしてから帰りたい』と聞いてるのでTさんのところへお願いしますっ!!」ここまで待ったんだもん、絶対会っていってもらわなくちゃ。Tさんは無事田頭先生と会って、そして私より一足先に退院していった。

ちょっと中断したけど、一通り説明は終了。「ところで…」と先生から切り出されたのは岡山みやげの話。遊びに来たわけじゃないけど仕事休んで職場にも迷惑かけてるし、心配してくれてる方もいるので何か買っていかなきゃって、お昼に受付で「吉備団子以外に何かこれというものありますか?」と聞き込みをしていたのを知っていらしゃたのですね。大手まんぢゅう?吉備団子?ままかりっていうのもあるけど日本海の幸に比べたら大したことないでしょ、って言われたら、あ~どうしようかな。「病院から出てちょっと行ったら岡山が本店の天満屋というデパートがあるので寄ってみたらどうでしょう。」とのことでした…。

先に聞いた受付のNさんからも同じような返事で、いくつかお菓子を教えてもらったけれど、金沢から来た人にお勧めできるものは…みたいな感じだったんだよね。夏場ならいろんなフルーツあると思うけど、この時期はそれもないのかな?

写真違いで…

お隣のTさんが部屋に顔を出してくれた。田頭先生に挨拶したら帰るつもりで用意してるんだって。それは私も同じです。

13時過ぎに内線電話で田頭先生到着を知らせてもらった。お隣のTさんにも知らせて、さあ1階へ降りるよ~。待合室へ向かう扉を開けると…先生と受付のNさんが話している声がきこえてきた。

先生:「はおんさん、元気になってた?」
Nさん:「はい、元気そうでしたよ。吉野内先生に『UAEの伝道師になる』って言ってました。」
先生:「元気になってよかった。」

みたいなこと…。そっか、昨日病室に来てくれた時は痛くて苦しんでる時間帯だったわ。

それにしても伝道師のくだり、午前中勢いで出た言葉で、改めて聞くと恥ずかしいねー。

今の話は聞いてなかったことにして田頭先生のところへ。「先生に写真をお願い」したのは確かに伝わっていたんだけど、何かちょっとかみ合わない雰囲気??先生は診察室にMRIの写真をずらっと用意してくれていて私の顔を見ると

先生:「あれ、ご主人は?」
私:「えっーと……先生と写真撮りたいんですけど…。」
先生:「写真ってそういうことかぁ。てっきり(MRIの)写真を見たいってことかと思った。」

やっぱりちょっと違っていたみたい…。でも、先生から夫にも説明してもらえるなんて考えてなかったので、こんな機会を逃すわけにいきませんね。MRI画像の説明もぜひぜひお願いします。

私がお願いした田頭先生とのツーショット写真は私のMRI画像をバックに撮影。なかなかシュールな画になりそうだなと予想していたけど、思ったほどMRI画像写ってなかったー。そして先生とちょこっと話をしている間に受付のNさんが病室にいる夫を呼んできてくれた。

夫がやってきた

夫から退院前日「明日は13時過ぎに迎えに行く」とメールが届いていた。入院する前もずっと帰りは迎えに行くからと言っていたけれど、実は「来なくていいから」と断っていた。

なぜ断っていたのか…私を迎えに行くというのは口実で、たぶん「電車に乗る」ことがホントの目的だから。でも、昨日の午前中の状態ではとても退院できるとは思えなかったし、一人で帰る自信もなかったので電車に乗るついででも何でもいいからこのお迎えが急にありがたくなったよ。

朝、駅前の駐車場に車を置いて8時過ぎのサンダーバードに乗ってすぐに「エビめしの店どこやった?」って。やっぱり旅行気分満載やわー。新幹線に乗り換えてからも「さくら、快適♪」とずいぶん楽しんでいるようで。まあ、いいか。

岡山駅に着いてすぐに、私が入院した日に夕飯を食べたBeer&Lunch Sunでオムエビめしを注文したらしい。しばらくしてオムエビめしの写真が送られてきた。
オムえびめし

12時半頃「今から路面電車で病院へ向かう」とメールが届き、12時50分過ぎには病院に到着。はやっ。そして、部屋に入るなりテレビつけるかなぁ!?テレビつける前に、顔見たらなんか言うことないかしら?ってお互い様か。

テレビでは北朝鮮が今日核実験を実施したというニュースをやっていた。しばらく世間から離れていたからそんな話題があったこともすっかり忘れていた。なんせこの5日間は自分のことしか考えてなかったからね。

「そういえば新大阪駅でN700系Aを見たよ」と、やっぱりそんな話?N700系Aは4日前から運用を開始したばかりの新型車両なんだそうで、見られてよかったね。
ギャラリー
  • 番外編 瀬戸内島旅(1日目)
  • 番外編 瀬戸内島旅(1日目)
  • 番外編 瀬戸内島旅(1日目)
  • 番外編 瀬戸内島旅(1日目)
  • 番外編 瀬戸内島旅(準備編)
  • いざ、人間ドックへ
  • あとは家に帰るだけ?
  • あとは家に帰るだけ?
  • ばいばい、おかやま
プロフィール

はおん

ディズニーと手作りが大好きなヒツジさん。
事務系のお仕事してます。

2012年10月子宮筋腫発覚
2013年2月子宮動脈塞栓術(UAE)を受ける。
UAEを受けた時、45歳。

ヒツジさんの夫、ウシさん・ヘビさんの娘2人と
石川県中央部で生息中。

最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索